お茶に含まれているビタミンC!天然と人工の違いと危険性は?

みなさんは、お茶の原材料表示を見たことはあるでしょうか?

ペットボトルなどのお茶を購入した際に見てみると、ビタミンCが含まれていることが非常に多いです。

おそらく、大抵の商品には含まれているのではないでしょうか。

お茶にビタミンCが含まれているのは、安全なのか?それとも危険なのか?

詳しく解説していきましょう。

お茶に何故ビタミンCが含まれているの?

ビタミンCと表記されていますが、ペットボトルに記載されているものは人口のビタミンCのこと

科学的には、L-アスコルビン酸という物質のことになります。

これは、食品の酸化を防ぐ役割を持っているのですよ。

お茶が酸化して、風味を損なったり変色したりするのを防ぐために、人口的に入れられています。

つまり、表記上はビタミンCとなっているものの、役割としては「酸化防止剤」となる訳ですね。

ダイエット茶の抗酸化作用、体内での重要な働き

酸化防止剤と言われると、なんだかイメージも良くありません。

そもそも、お茶には元々ビタミンCが含まれているのになぜ追加するの?と疑問に思う人もいますよね。

その通り、お茶には元々ビタミンCが含まれており、特に煎茶の含有量はレモンの3倍以上と言われています。

他にも煎茶程の量ではなくても、ビタミンCは元々含まれているお茶が多いですよ。

では、何故わざわざ人口の物を入れるのかというと…

お茶を製造する過程で、茶葉を加工する際にどうしてもビタミンが失われてしまいます

それを補うため、またペットボトルの場合は長期保存が必要な為に、後から人口の保存料として入れる事になるのです。

ペットボトルのお茶に入ってるビタミンは危険なの?

合成ビタミンと、自然食品のビタミンは全く別物だと考えられます。

がん細胞の元となる活性酸素を出す量が、自然のものと人口のものでは全然違うとも言われているのです。

また、合成ビタミンは1日6gで悪心、嘔吐、下痢、頭痛、不眠など副作用が出る報告もあります。

ダイエット茶の飲み過ぎで起こる下痢などの副作用

さらに、その合成ビタミンの90%以上が作られているのが中国という事で、その品質の悪さも近年問題視されていますよ。

本当に合成ビタミンは危険?反対意見も…

しかし、合成ビタミンに対しては全く逆の意見もあります

WHOの基準では、合成ビタミンの一日の摂取量は体重1kgあたり0.25gとされています。

WHOも認めたサラシア茶はダイエット効果もある万能健康茶

500mlのペットボトルを飲んだくらいでは、そう簡単にオーバーしない計算になりますね。

また、中国産の品質の悪さに関しても検疫がかかるので、粗悪品は廃棄されたという実例もあるのです。

確かに、積極的に摂る成分ではないのかもしれません。

しかし、日本国内で売られているのであれば、そこまで問題にはならないのではないか?とも考えられているのです。

ペットボトルのビタミンを排除した位では、食品添加物全てを排除はできませんよね。

何より、ペットボトルを安全に長期保存するには、ある程度必要になる物質でもあるのです。

まとめ

人口でも自然であっても、ビタミンCは人間の体内では作れない必要な成分です。

なので、食べ物や飲み物から摂らなくてはいけません。

どうしても気になる人は、長期保存には向かなくなってしまいますが、自然由来の無添加のものを選択するのも良いかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ