ダイエット茶によるダイエットなら運動なしでも楽々体重減少

0ce0e9f26c5d7196100b782cc4278ed7_s

ダイエットといえば運動と連想する人も多い事でしょう。

しかし、ダイエットを使用と運動をはじめても、ほとんどの人は長続きさせることができません。

その理由は、やはり苦痛を伴うことと、手間と時間がかかるからです。お金がかかるという理由もあるでしょう。

ダイエットは長く続けてこそ、体の奥底から変化出来るものです。

即効性のあるダイエットはリバウンドのリスクがかなり高まるので、たとえ一時的に体重減少が見られたとしても、体内に残っている脂肪や代謝の悪さはかわりません。

ダイエットを長続きさせ、体の内側からきれいになるには、いったいどうした良いのでしょうか。

ダイエット茶がもっとも有効な手段

運動なしでのダイエットを考えたとき、やはりダイエット茶によるダイエットがもっとも有効なダイエット方法だといえます。

ダイエット茶の多くは、体内の脂肪や摂りすぎた糖を、吸収されにくい形にして体外へと排出したり、体の中に蓄積されてしまっている脂肪を分解し、燃焼させやすくしたりという働きがあります。

脂肪燃焼効果のあるお茶なら、飲むだけで中性脂肪が減る?!

脂肪が燃焼するという現象は、有酸素運動をしたときと同じ働きが行われていることになりますから、ダイエット茶なら運動なしで、運動したのと同じように脂肪を減らすことができるのです。

運動なしのダイエットですから、効果がすぐに出るというわけではなく、ゆっくりと体の内側から効き目を発揮していくことになるのですが、逆に即効性のあるダイエットと違って、運動なしでもリバウンドの危険性も大変少ないダイエットになります。

脂肪燃焼効果の高いダイエット茶の成分とは?

お茶ダイエットが運動に頼らずにできる画期的なダイエットと分かったら、早速試してみたくなるものですね。

ですが、ダイエット茶ならば何でも良いと言うわけではなさそうです。

人に得意分野、苦手分野があるように、ダイエット茶にもそれぞれ得意分野があります。

運動のような脂肪燃焼が目的であるならば、脂肪燃焼の活性化に適した成分配合のお茶を選びましょう。

脂肪燃焼効果の高い成分と言えば、カテキンカフェインが有名です。他にも、サポニンシドロキシクエン酸なども脂肪分解効果が期待できるでしょう。

これらの成分は、ダイエットに最適な成分と言えます。

その中でも、カテキンの脂肪燃焼効果に、注目が集まります。

カテキンとは、特に緑茶、番茶、ウーロン茶、紅茶などの茶葉中に含まれている成分です。このカテキン抜きにして、ダイエット茶のダイエット効果は語れないでしょう。

重合カテキンはダイエットに大変効果的、そのパワーとは?

脂肪燃焼効果の目覚ましい!カテキンパワーとは?

カテキンには、脂肪燃焼効果の他にも、抗酸化作用、抗菌作用、血圧、血糖、コレステロール上昇抑制効果、消臭作用などのマルチな効果が期待できるため、ダイエット以上の良い効果が期待できるでしょう。

ダイエット茶の抗酸化作用、体内での重要な働き

トクホというお墨付き高濃度茶カテキンも!

最近は、カテキンがさらに多く含まれている高濃度茶カテキン配合茶が販売されています。

それもトクホ(特定健康補助食品)と認められるような、十分な量のカテキン配合で、脂肪燃焼や分解排出にトータル的に働くでしょう。

特保茶が多くの人に飲まれている理由とその効果

さらに、高濃度茶カテキンは、「過去に蓄積された脂肪」、「摂取したばかりの脂肪」のどちらにも脂肪燃焼効果を発揮するのです。

ここ最近、お茶ダイエットを試みる人は、スリムなスタイル維持目的のダイエットから、メタボリックシンドローム予防目的の健康に適したダイエットに変わりつつあります。

国をはじめとする様々な機関が、太りすぎや、内臓脂肪などから誘発され、引き起こされる糖尿病や心疾患などの成人病とよばれる様々な疾患を懸念し、太りすぎないようにと警告しています。

まさに、お茶ダイエットでこうしたメタボリックシンドロームリスクを回避できるのです!

ダイエット茶を飲む時のポイント

脂肪燃焼成分の配合されたダイエット茶を飲む場合に、気をつけたいポイントがいくつかあります。

以下を意識して飲用すれば、運動した時と同様、益々ダイエット効果が期待できるでしょう。

温かいお茶を飲む

冷たいお茶は血管を収縮させてしまうため、40℃くらい、または常温のお茶を飲むように意識しましょう。

温かい方が、体の内側から血管の流れをスムーズにして、ダイエットでは必須となる代謝機能促進が期待できるのです。

また、脂肪燃焼成分のカテキンは、お湯でないとうまく抽出できないという特徴もあります。

暖かいお茶は、冷え性体質、生理などで、なかなか運動する機会に恵まれない女性の体にも優しいダイエットといえます。

冷え性がダイエット茶を飲んだら効果はどうなる?

鉄分不足にならないように!食後に飲む習慣を

お茶を飲む人の殆どが食事中に飲むでしょう。ダイエット茶には鉄分の吸収を妨げてしまうタンニンという成分が含まれている事も多いのです。

鉄分が十分に得られないと、貧血を引き起こすリスクも高く、健康的な痩せ方ができなくなるでしょう。

そのようなリスクを回避するためにも、食事との摂取は極力避け、食後15分〜20分程度の時間を空けて飲用しましょう。

時と場合によってはちょっぴり控えたいカフェイン成分

カテキンと並んで脂肪燃焼効果の高いカフェイン成分のお茶は、利尿作用も働き、トイレの回数が増えるため、これから大事な仕事の取引があるという人にとってはちょっぴり不安になったりもします。

また、覚醒作用のあるカフェインは妊婦さんも控えめにしなければならないですし、睡眠不足を招いて健康に痩せられない、肌状態も不調という理不尽な結果に終わる可能性も否めないでしょう。

カフェイン入りのお茶は、脂肪燃焼効果が期待できる反面、時と場合によっては控えめに飲用する事で効果的に痩せられる事も十分あるのです。

ノンカフェインのダイエット茶にはどんなお茶がある?

ダイエット茶ならその他の健康効果も

ダイエット茶でのダイエットは運動なしという手軽なダイエットであること以外にも、お茶に含まれる健康成分や有効成分を摂取できるというメリットがあります。

また、日本人が慣れ親しんだ味や香りのお茶ですから、違和感なくスタートできるのも魅力の1つでしょう。

そして何よりも天然成分という事が安全に飲用継続できるという安心につながるのです。

ダイエット茶の多くは、豊富な栄養素や食物繊維、ポリフェノールなどを含んでいます。

ダイエット茶ならポリフェノールも豊富に摂取できます

それらの成分は、人間の体にとって、とても良い働きをするものばかりです。

便秘解消やデトックス、抗酸化作用、肌荒れ防止や、内臓機能の回復、基礎代謝、新陳代謝のアップなど、現代人の多くが悩んでいる病気の根本の要因となるようなものを、よい方向へと改善させるものばかりです。

忙しい現代人に、運動なしの、有効成分や栄養分たっぷりの手軽なダイエット茶のダイエットは、まさに時代にふさわしいダイエット方法だといえるのではないでしょうか。

ダイエット茶で基礎代謝アップ、健康と痩身を同時にゲット

自分に合ったダイエット茶を選べるという便利さ

ダイエット茶は、今や数多くの種類が発売されていて、それぞれに効果のある機能や効能が違います。ダイエットとともに得たい副効果を、それぞれの人の立場や好み、体の状態に合わせて選ぶことができるのです。

ダイエット茶として販売されているお茶のほとんどが、健康、美肌などのダイエット以外の副効果を得られるものが殆どです。

そして、生産地や、焙煎方法、味などもそれぞれ違いがあるため、自分にとってどれが良いのかを飲み比べてみると良いでしょう。

お茶を飲むだけで美肌に!ダイエット茶の驚きの美容効果とは!

まとめ

運動なしでも、体の内側から健やかになれる、それでいて、時間も場所も選ばず利用でき、安価で手軽なダイエット方法、それがダイエット茶によるダイエットです。

運動と同じように痩せられると期待されているお茶は、脂肪燃焼、分解、排出をスムーズにする成分が豊富です。

それらの特性や飲み方のポイントを押さえて、十分なダイエット効果を得たいものです。

ダイエットしたいのであれば、自分に合ったダイエット茶を見つけて、体の内側から健康になるように続けてみましょう。

これなら、運動に費やす時間のないOLさんや、育児や家事に追われる日々の専業主婦でもチャレンジできそうです。

osusumetyaaka

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ