糖分の低いお茶はダイエットに効果的?どれだけ飲んでも大丈夫?

糖質制限ダイエットを行なっている人にとっても、お茶はとっても強い味方ですね!

特に、糖質制限ダイエットを行なっている間は、水分補給が大切です。

もちろん、カロリーが全くない水は1番良いですが、お茶なら色んな味がありますし、辛いダイエット中の楽しみにもなりますよ。

糖分の低いお茶が、ダイエットに効果的なのか?詳しく見ていきましょう。

どうせならダイエット効果のあるものを!

糖質制限ダイエットを行いながら、お茶を摂取する場合、糖の吸収を抑えてくれる成分が入っているダイエット茶がオススメ

このタイプのお茶は、食事中に飲むと血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果があります

ダイエット茶で血糖値の上昇を緩やかに

また、糖の吸収も穏やかになるというメリットも!

成分だけではなく、味やお茶自体の飲みやすさなども大切ですね。

自分のお気に入りのお茶を見つけておけば、食べすぎた時の強い味方になってくれますよ!

糖質の低い飲み物は?

ここでは、糖質が低いお茶の中でも、手軽に飲める代表的なものを紹介します。

知っておきたいダイエット茶の種類

麦茶

夏の定番の飲み物である麦茶ですが、100gあたりの糖質は0.3g、カロリーは1Calです。

これだけ低ければ、例え1kg飲んだとしても、糖質は3g。

飲みたいときに、飲みたいだけ飲んでも大丈夫でしょう。

麦茶に砂糖を入れて飲む人もいますが、当然砂糖を入れた場合は、入れた分だけ糖質は増えるので気をつけましょう。

緑茶

日本人は馴染みのある人が多い緑茶は、100gに対して糖質0g、カロリーは2Calです。

糖分は全く含まれていないので、糖質制限においては最高の飲み物です。

カテキンが多く含まれているので、ダイエット効果や殺菌効果で風邪予防なども期待できるのがメリット。

しかし、カフェインが含まれている点は、摂取量に注意しなくてはなりません。

重合カテキンはダイエットに大変効果的、そのパワーとは?

ウーロン茶

中華料理などに合うウーロン茶ですが、100gあたりの糖質は0.1g、カロリーは0Calです。

こちらは、カロリーがゼロでした。

糖質の多い食べ物を食べる時は、ウーロン茶を飲むなど工夫して食事をするのも良いですね!

玄米茶

玄米茶は、驚きの糖質、カロリー共に0です。

その分、栄養価も他のお茶に比べると下がってしまうのですが、水に近い感覚で飲めるのは最大のメリットでしょう。

お茶は全体的に糖分が少ない

全体的にお茶は、糖分やカロリーが低いものが多いです。

お茶のカロリーについては「お茶は本当に低カロリー?お茶でダイエットする際の知識と注意点」で詳しく解説していますよ。

しいて挙げるならば、昆布茶や椎茸茶が、他のものよりも少し高めになるかもしれません。

それでも、ジュースを飲むよりは、はるかに低い糖分で抑えられます。

基本的にこの二種類でも、そこまでストイックな糖質制限をしていない限り、気にするほどではありません。

この二種類を除けば、基本的にお茶は低糖質のものばかりです。

まとめ

お茶は全体的に糖分の低いもので、糖質制限ダイエットなどをしている人には強い味方です。

効果があるからと苦手なお茶だったり、同じものばかりだとダイエットが辛くなってしまいますよね。

それに、ダイエットを継続することも難しくなります。

色んな種類のお茶を飲んで、好みや料理に合わせて、味を楽しみながらダイエットができるといいですね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ