お茶は本当に低カロリー?お茶でダイエットする際の知識と注意点

お茶なら、カロリーが低いからたくさん飲んでも太らない!

という、イメージを持っている人は多いですよね。

ダイエット茶などで、ダイエットや痩せ体質作りに励む人は、近年増加しています

ダイエットを成功させるためにも、正しい知識でお茶を利用することが大切ですよ。

お茶のカロリーとは?

多くの人が、毎日飲んでいるお茶。

日本茶や中国茶、紅茶、ブレンドティーなど、そのお茶の種類は大変豊富ですよね。

しかし、ダイエットに良い!と思いながらも、自分が愛飲しているお茶のカロリーを把握している人は、少ないはずです。

お茶の種類については「知っておきたいダイエット茶の種類」で詳しく解説していますよ。

日本茶のカロリー

抹茶…6g/10Cal
玉露…100ml/5Cal
煎茶…100ml/2Cal
玄米茶…100ml/2Cal
ほうじ茶、番茶…0Cal

中国茶のカロリー

ウーロン茶プーアール茶ジャスミン茶…0Cal

紅茶のカロリー

ダージリン、アッサム、アールグレイ…100ml/1Cal

お茶のカロリーで気をつける事

お茶のカロリーが、非常に低カロリーである事は分かりました。

では次に、お茶をダイエット中の飲み物として、飲むときの注意事項について説明していきます。

カロリーを意識してお茶を飲む場合、茶葉を抽出して飲むタイプのものであれば、その濃度や時間でカロリーが変わる事はありません

それどころか、手軽にミネラル食物繊維ビタミンを摂取する事ができる、お助けアイテムになってくれることでしょう。

しかし、カフェラテやミルクティーなど、牛乳分や糖分が含まれるものになると、カロリーはぐんと上がってしまうので注意が必要です。

ダイエットとしてお茶を飲む場合は、くれぐれも「何も入れない」事がポイント。

お茶は、基本的には飲みすぎでも、カロリーとしては問題ないほど低カロリーです。

また、健康飲料としても、その健康効果薬理作用が注目されています。

お茶に含まれている「カテキン」という成分は、よく知られていますよね。

重合カテキンはダイエットに大変効果的、そのパワーとは?

このカテキンは、糖分や脂質の代謝を促進して、カロリーの消化を助けてくれるのです。

コレステロールの分解にも作用してくれますよ。

食前に、濃いお茶を飲む事でカロリーの吸収を抑えてくれます。

また、抗酸化物質なので、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス調整もしてくれます

さらに、腸内の悪玉菌に対しては、強い殺菌効果を示して、善玉菌を増やしてくれる効果までありますよ。

まとめ

お茶は低カロリーなだけではなく、ダイエットのサポートや健康や美容にまで効果があります。

ダイエットで利用する場合は、くれぐれも砂糖や牛乳で味付けをしないように!

また、味付けしていないものを選びましょう。

自分に合っているお茶を見つけて、より効果を上げて行くのが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ