バナナ茶で便秘解消してお腹ペタンコ!バナナ茶のダイエット効果

便秘や肥満解消に高い評判のあるバナナ茶

体の代謝が上がるのでダイエット効果はもちろん、お腹がペタンコになる!など様々な良い効果が期待できます

バナナ茶の詳しい効能や、ダイエット効果等を見ていきましょう。

ダイエット茶で基礎代謝アップ、健康と痩身を同時にゲット

バナナ茶とは?

バナナ茶とは、その名の通りバナナを原料としたお茶。

バナナパウダーの他にも、ルイボスティーやヤーコンの葉、ハスの葉など様々な葉がブレンドされています。

便通促進効果デトックス効果が期待できますよ。

ダイエット茶とデトックス効果については「デトックス効果抜群のお茶でダイエット!溜まった毒素を排出」で詳しく解説しています。

バナナ茶の効能は?

バナナ茶の主原料となっているバナナには、食物繊維の「ペクチン」が多く含まれています。

体内で、便のかさを増やして便通をよくしたり、体に吸収される前の脂肪分を包んで排出してくれる効果も!

脂肪を吸収せず体外に排出、没食子酸入りのダイエット茶がスゴイ!

また、「カリウム」も豊富に含まれているので、尿の出をよくする利尿作用を促進

余分な水分の排出を促してくれ、むくみ解消効果なども期待できるのです。

同時に配合されている自然素材には、糖の吸収や脂肪を遅らせる効果や、代謝の促進、整腸作用などもあります

バナナ茶のダイエット効果は?

バナナ茶のダイエット効果は「ペクチン」と「カリウム」が深く関わっています。

ペクチンは、食事で摂取した脂肪を包み体外へ排出する効果があるので、肥満予防に役立ってくれます。

カリウムは、水分排出を促してくれる効果があるので、便通と水分排出をスムーズに。

体内の老廃物の除去を促進することによって、体の代謝も上がるので痩せやすい体質作りにも効果が期待できるのです。

ダイエット茶で基礎代謝アップ、健康と痩身を同時にゲット

バナナ茶の便秘への効果と注意事項について

バナナ茶は煮出す時間や、ティーパック使用の場合は、入れておく時間などによってその濃度を調節する事が出来ます。

濃度の調節と同時に、その効果も調節出来るので、初めて飲む場合は薄めのお茶から始めましょう。

バナナ茶はあくまでお茶なので、下剤の様な効果はありません

しかし、人や体質によっては、その効果が強く出すぎてしまう事もあるので注意しましょう。

バナナ茶の商品の説明にも、多量摂取はお腹が緩くなる事や、妊娠中授乳中の人、また10歳未満の子供は控える様に記載されています。

翌日がお休みの日から始めたり、自分の体質に合わせてゆっくり摂取していきましょう。

また、カリウムが豊富に含まれている為、腎臓機能の弱い人は吐き気やしびれ、不整脈などが起こる高カリウム血症を引き起こす事もあります

腎臓が弱い人、持病のある方は注意して、必ず主治医に相談してから摂取してください。

バナナ茶の飲み方は?

バナナ茶は煮出しても、付け出しても両方の方法で飲む事ができますよ。

アイスでもホットでも飲む事ができますが、食後のお茶として飲むのが理想的です。

まとめ

バナナ茶はその高い便秘解消効果から、ダイエットと共にお腹がペタンコになるなど魅力的な効果がたくさんのお茶です。

しかし、高い効果の分効きすぎたりカリウムの摂取量などの注意もあるので自身の体調と相談しながら少しづつ始めていきましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ