冷え性がダイエット茶を飲んだら効果はどうなる?

a21fb2f520923aa151963c3df1217724_s

体が冷えて辛い冷え性は、飲み物や飲み方にも気をつけたいものです。冷え性は、体の新陳代謝が落ち、太りやすくなっていたり、むくみやすくなっていたりと、早期に治療しておきたいトラブルが多いですが、そんな冷え性の人でも、ダイエット茶を使ったダイエットは可能なのでしょうか。

ポイントは体を温める効果のあるお茶

ダイエット茶というのは本当に多種多様にあり、その効果効能も千差万別です。その中でも、体を温めてくれる効果のあるダイエット茶を飲む事で、冷え性の人でもダイエット茶を使ったダイエットができるのです。

冷え性の人でもダイエット茶を安心して飲むポイントとしては、この体を温めてくれる効果があるダイエット茶を選ぶという事に尽きるのではないでしょうか。

体を内側から温めるプーアル茶

実はプーアル茶の茶葉は、緑茶の茶葉と同じものを使っています。しかし、緑茶は体温を下げてしまうのに対し、プーアル茶は体を温めてくれる効果があります。どうして同じ茶葉を使用しているにもかかわらず、一方は体を冷やし、一方は温める効果が生まれるのでしょうか。

答えは、「発酵」にあります。プーアル茶は緑茶に「発酵」というひと手間をかけてつくられたお茶です。この、発酵という手間が、体を温めてくれる効果をひきだしているのです。

しかも、プーアル茶は体を温めてくれる効果だけではなく、新陳代謝をアップさせ、脂肪を燃焼させる効果も持ち合わせています。

冷え性を改善するだけでなく、ダイエット効果もある優秀なダイエット茶なのです。

ルイボスティーで代謝アップ

ルイボスティーには、たくさんのミネラルや栄養素が含まれています。ビタミン、亜鉛、ナトリウム、マグネシウム、リン、鉄分など、豊富なミネラルを摂取することができますので、冷え性に人が陥りやすいとされている、ミネラル不足を改善することが期待できます。

とくにルイボスティーには、腸の機能を向上させ、排泄機能をアップさせる効果があります。ルイボスティー自体には、体を温めてくれる効果はありませんが、これらのミネラルと排泄機能の向上で、体の代謝や血行が促進され、その結果体全体の流れが良くなり、冷え性を改善の方向へ持っていくという効果が期待できるのです。

冷え対策の王道ジンジャーティー

生姜といえば、冷え性に良い事は広く知られています。生姜を使ったジンジャーティーは、冷え性対策ができるダイエット茶としては王道を行くダイエット茶といえるのはないでしょうか。

生姜には、体を内側から、芯から温め、且つ発汗作用を促進するという効果があります。生姜を摂取すると体の内側からぽかぽかするのを感じたり、汗をかいた経験があるのではないでしょうか。生姜の温め効果は、非常に即効性があり、冷え性の人にはとても有効だと言えます。

生姜の温め、発汗作用を含んだジンジャーティーは、冷え性のダイエット茶としては非常にポピュラーで、多くの冷え性の人が実践しているダイエット茶ダイエットでもあるのです。

osusumetyaaka

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ